member

 


 

講座案内

 

メンバー限定ページ


メンバー募集


メンバー教室案内


仕事情報


音楽ボランティア


講師イベント情報


お薦め情報


link


管理人profile






携わってきた音楽が、誰かの力になれるように・・そんな志のあるメンバーが集結!


 

 Event Report (※編集/管理人)

   MASAYO音楽教室

  ☆ AHLBORNを弾いてみた!

  展覧会&ミニライブ/第一回 壁がなければ

  2016年 6月5日&11日 神戸山本通アートスペースかおる


  

  アートスペースとして多彩なアートの場を提供されている

  <アートスペースかおる>

  オルガニストであるギャラリーのご主人が所有する

  ドイツ製<AHLBORN>(アールボーン)を演奏することができました!


  

  独特の強いタッチを必要とし

  上下の鍵盤がエレクトーンとは逆になり

  右手が下鍵盤、左手が上鍵盤で演奏するそうですね。


  選曲にも苦労されたようですが

  エレクトーン初期のアレンジの方が演奏し易いかと思います。


  <今回の演奏曲目>

  

  展覧会の絵より「プロムナード」※D60時代のアレンジで

  デュボア/Offertoire・Elevation

  バッハ/プレリュード

  ダカン/かっこう※下鍵盤を使いチェンバロで

  ワルツィング・キャット/R.アンダーソン

  星に願いを・グリーンスリーブス・ムーンリバー※柏木玲子さん編曲


  リコーダーの音色で弾いた柏木玲子さんのポピュラー曲が

  なかなか良い感じだったそうです!


  リバーブもかからないので

  しっかり丁寧に弾かないと美しい音色にはならないなど

  こういった本物志向のオルガンは、演奏力が試されますね。


  

  ・・でもこの鍵盤数!羨ましい〜!欲しい〜!


  ピアノ、エレクトーン、オルガンと

  同じ鍵盤楽器でも奏法が全く違うと云う、良い勉強になったそうですが

  やっぱエレクトーンは楽でいいそうです (^_^;


  元々、チャーチオルガンから進化していったようなハモンドオルガンの

  また更に進化していったようなエレクトーンと云う楽器ですが

  途中から全く異なる路線に進化していったのではないかと思います。


  電子オルガンと一括りにはできないほどに進化して

  完全デジタル化した現在のエレクトーンと

  こういった伝統的な奏法を求めるオルガンとは

  操作も演奏法も全く異なる楽器になっている気がします。


  (データ保存は3.5インチのフロッピーのようです)

  


  STAGEAは形こそ電子オルガンですが

  中身は、圧縮されたデジタルシンセのような物だと私は考えています。

  演奏だけをする楽器では無くなっていますので

  本当にオルガンの演奏のみを求める人は

  こういったチャーチ系オルガンの方が 『弾いた!』 感が強いでしょう。


  どの楽器にもそれぞれ、その楽器が目指す方向があると思うのですが

  STAGEAのように

  デジタル操作に振り回されるような楽器はかなり特殊ではないかと思います。


  ただ、そこがSTAGEAの目指す方向だとすれば

  デジタル操作もデータ入力も全てひっくるめて「演奏」と考えるのが

  STAGEAの醍醐味なのかも知れませんね!


 

 


*このサイト内で使用される STAGEA・ELECTONE・エレクトーン は、ヤマハ株式会社の商標登録です*