member








講座案内


メンバー限定ページ


メンバー募集


メンバー教室案内


仕事情報


音楽ボランティア


講師イベント情報


お薦め情報


link


blog


管理人profile







携わってきた音楽が、誰かの力になれるように・・そんな志のあるメンバーが集結!


 

  STAGEAの演奏を録音する! 

  テープ編1〜接続端子と用意するケーブル

 このテーマは過去に何度も質問を受けてきました。

 次回、新しい web講座として移動させる予定ですので

 ここではすぐ使えるように簡単にまとめてみます。

 

 まず、最もオーソドックスな端子から

 STAGEA(ELS-01C対照)の鍵盤の下、潜り込んで顔を上げると

 頭を打ちます・・いえ、左右に端子が幾つかありますので

 左側のオーディオ端子を探して下さいね。

 そう、ヘッドフォーン端子があるところです。

 そこに<AUX OUT>と書かれた端子が<L/L+R><R>と2つあります。

 この端子は AUX OUT のフォーン端子です。

 それ以外の端子は、今は無視して下さい。

 (特に、その右隣にある 『LEVEL FIXED』 の AUX端子と間違えないように)

 この端子が<アナログのオーディオ出力端子>となります。

 この端子から、演奏した楽曲を<録音機器>に録音することができます。

 この場合の<録音機器>で一般的なものは

 <カセットデッキ><オープンデッキ><MD><DAT>など

 アナログ入力端子のついた機材です。

 どれももう何だか江戸時代のものっぽい気もしますが

 私はまだまだDATを愛用しています。

 この端子に接続するケーブルは<フォーンプラグ>です。

 SOUND HOUSE

 上の写真のように

 プラグの先端に黒いラインが1本入っているのが『モノラルプラグ』です。

 ラインが2本入っているものが『ステレオプラグ』です。

 SOUND HOUSE

 

 『ステレオプラグ』は<AUX>端子の<L/L+R>にのみ1本だけ

 『モノラルプラグ』は<L/L+R><R>に各1本ずつ2本使います。

 

 対して、録音する側の機器の接続端子はそれぞれ違ってきますが

 大抵<ピンプラグ>か<フォーンプラグ>はある筈です。

 接続ケーブルは AUX端子の入り口と出口の仕様に合わせて用意します。

 因に<ピンプラグ>はこれです

   SOUND HOUSE

 これは良く見かけますよね。

 今回、STAGEA 側は<フォーンプラグ>なので

 <フォーンプラグフォーンプラグ><フォーンプラグピンプラグ>

 またはその片側を<ステレオフォーン>に置き換えて使用することになるわけです。

 このくらいなら近所の電気屋さんか、

 大手スーパーの電気用品売り場には置いてあると思いますが

 便利な通販を右側に紹介してみます。

 ついでに<ミニプラグとピンプラグの違い>について

 

 

 上写真の左側黒1本は<ミニプラグ>右側は<ピンプラグ>です。

 さっきからゴチャゴチャと色々出てきてムカムカしますよね。

 しばし耐えて下さい。

 この2つは、買う時に間違え易いので・・・

 

 左側のミニプラグは携帯やパソコン、テレビのイヤホンなどでよく使う物です。

 固定型の音響機材にミニプラグは余り使いません。

 ピンプラグは2本1組でステレオ音声となりますが

 このページ上から3枚目の写真のように、1本ずつのものと

 上の写真のように、ケーブル1本に先端2つというのもあります。

 ミニプラグは通常は1本でステレオ音声となります。

 (3.5mmのミニプラグにはモノラルの物もあります)

 フォーンプラグと同じく、ステレオは先端に2本線が入っています。

 STAGEAと接続する録音機側が、このミニプラグだったりもしますので

 そんな時は<フォーンプラグステレオミニプラグ>となります。

 右側に紹介しているように

 モノラルフォーンの場合は<フォーン側が2つ、ミニプラグ側が1つ>となります。

 このようなプラグは大手量販店には置いてあると思いますが

 手もとに<ステレオフォーンケーブル>がある場合は

 <変換プラグ>が便利です。

 私の小物入れにも、ジャラジャラと色んなタイプの変換プラグが入っています。

 別にコレクターではありません。

 各種取り揃えていると、ホント便利なんです。

 フォーンプラグの先端をステレオミニプラグに変換するプラグ

   SOUND HOUSE

 各種ケーブルの価格について

 音が良い悪い、と感じるのは聴く人にもよると思うのですが

 使われている材料を考えると、価格にも関係してくるのかな‥‥とは思います。

 また、オーディオ用ケーブルと楽器用ケーブルの表示の違いでは

 専門的には抵抗値なども関係してくるのでしょうが

 一般人が使う分には、さして違いはないと思います。

 ケーブルはできるだけ短めの物で

 抜き差しが多くなる時は楽器用の太めで頑丈な物にした方が良く

 固定使用で短めの物ならオーディオ用で高価な物でなくても良いかと。

 では次のページではデジタルケーブルについて・・まだあるのか

 Let's study   次のページオプティカル端子と光デジタルケーブル

 


 ■エレクトーンweb講座

 STAGEAのエフェクト講座/EFFECT in STAGEA

 ■エレクトーンweb講座の引用について

 web講座の引用については、こちらをご覧下さい

 *このサイト内で使用される STAGEA・ELECTONE・エレクトーン は、ヤマハ株式会社の商標登録です*