member

 



講座案内


メンバー限定ページ


メンバー募集


メンバー教室案内


仕事情報


音楽ボランティア


講師イベント情報


お薦め情報


link


blog


管理人profile



提携サイト









携わってきた音楽が、誰かの力になれるように・・そんな志のあるメンバーが集結!


 

 即興を楽しもう!

 即興Bを展開してみるー3

 [ T-W-X-Tパターンを考える−1 ]

 よく使われる T-W-X-T の進行が

 「 お決まり 」 とか 「 平凡 」 などと考えることはないと思います。

 合わせるメロディーを少し変えればいいのではないでしょうか。


 で、何かいい例が無いか考えてみましたら、2つほど思い浮かびました。

 古いもので「エデンの園」・・え、知らないって?

  

 昔むかし、78回転ドーナツ盤を蓄音機、いやステレオで聞いて虜になった曲です。

 細かく言えば、XのDは「C・D」となりますが、雰囲気は同じと考えると

 こんなに美しい曲は T-W-X-T です。


 あんまり古いのもナンだし、と思って探したのが

 杉本竜一氏の曲で 「 生きもの地球紀行 」 のテーマ曲 「 生命の息吹 」

  

 (※Gに移調しています)

  U7 を使われていますが、この素敵な曲も T-W-X-T なんですね。

 そう考えると・・

 もし T-W-X-T がダサく聴こえたなら

 それはコード進行ではなくメロディーなのでは?

 と、言うことで

 ありきたりに聴こえがちなモチーフをどう変えられるか、を考えていきます。


 そこで、今まで使ってきたチューリップは T-W-X-T にはちょっと合わないので

 月エレの課題をちょっと引っ張ってきました。

  

 3拍子は苦手な人が多いかも知れませんが、3つの内一番使いやすそうなのでコレに。




 まず、すぐに思い浮かびそうな展開を幾つか考えてみましょう。

    

 上の展開はどちらのコード進行でも使えますね。

 これらは T-X の進行になっていますので、 T-W-X-T にしてみると・・

  

 メロディーは一緒ですか (^_^;

 「 W 」 を 「 U(7) 」 に置き換えますと

 若干、響きに含みが出ます、って抽象的な言い方ですが

 これをそのまま16小節にしてみると・・

  
  

 展開し易いのはこんなコード進行でしょうか。


 もう1つ、T-X 進行だったら?

  

 この課題は5級用ですが、5級なら最初の展開はこんな感じで良いかと思います。

 それぞれ、メロディーもコード進行も交換・差し替えをしてアレンジできますね。



 T-W-X-T 進行で、与えられたモチーフを輝かせるには

 その 4小節の後の作り方がポイントになる と思います。

 その際、T-W-X-T に置き換えられる、いわゆる 「 代理和音 」を使う ことが

 効果を得る1つの大きな要素になるでしょう。


 代理和音でよく使われるのは、使おうとしている音の3度上・3度下の和音です。

 もちろん、ヤミクモに使っていいってものでもないですが

 例えば、上記のように W を U(7) などに置き換えることで

 ダイレクトな印象が柔らかくなる感じがするかと・・。

 代理和音については、また改めてまとめてみます。


 そしてここまでは、このシリーズで取り上げてきた

 ベートーベン型で考えてきましたので

 プチ・モーツァルト型も作ってみましょう。


  

 服の組み合わせじゃないんですが

 考えつくものはどんなパターンにでも合わせて使っていくといい ですね。

 と言うか、合わせられるものを作ることこそが重要かも知れません。


 また、テストの場合は「 モチーフを外さない 」ことも大切な要素なので

 与えられたモチーフを忘れてしまいそうな展開は避けましょう。

 ただ、そのモチーフをベートーベン型で使いまくるのも聴き難いものがあります。

 使わない部分をきちんと(やや計算的に)混ぜることで、スッキリすると思います。


 さて、この後に続く展開(サビ)部分

 伴奏形や右手のアレンジは次回に合わせて考えていきましょう。


 次はT-W-X-Tパターンを考える−2


 

 Let's study   アレンジのTPP

 アレンジは料理と同じー1   アレンジは料理と同じー2

 即興Bを展開してみるー1   即興Bを展開してみるー2

 即興Bを展開してみるー3   即興Bを展開してみるー4

 伴奏を考える−1   伴奏を考える−2

 イントロを考える−1   イントロを考える−2

 即興B課題の実践ー1   即興B課題の実践ー2

 即興A課題の実践ー1   即興A課題の実践ー2

 即興A課題の実践ー3   即興A課題の実践ー4


 ※赤文字は次のページです


 ■エレクトーンweb講座

 STAGEAのエフェクト講座/EFFECT in STAGEA

 ■エレクトーンweb講座の引用について

 web講座の引用については、こちらをご覧下さい

 *このサイト内で使用される STAGEA・ELECTONE・エレクトーン は、ヤマハ株式会社の商標登録です*