member

 



講座案内


メンバー限定ページ


メンバー募集


メンバー教室案内


仕事情報


音楽ボランティア


講師イベント情報


お薦め情報


link


音楽工場YAMATO



  




携わってきた音楽が、誰かの力になれるように・・そんな志のあるメンバーが集結!


 

 即興を楽しもう!

 即興A課題の実践ー6


 それでは、最後にエンディングを加えた全体を作ってみます。

 エンディングには、とてもとても簡単な

 「小節を倍にした終わりの繰り返し」パターンを使ってみます。


 

 寸前まで弾いたフレーズを使い

 小節数を倍にする方法

 オクターブ上げる方法を用い、ゴク簡単に作れます。


 そんな簡単な方法でも、演奏の仕方でサマになります。

 戸惑いや迷いは振り払い、自信をもって弾きましょう。






 即興Aの場合、目の前にコード付きの楽譜があるわけですから

 即興Bよりは安心感があります。

 が

 その分、要求される「まとまり感」も大きいと思いますので

 予見の際には、全体の流れ(1コーラスごとの変化ですね)を

 頭の中で組んでおくことが大切です。


 人生と同じく

 行き当ったりバッタリだと、つまづくことが多くなります。

 猛省・・


 全体の流れを作り、そのあとで伴奏やフェイクを考えます。

 

 もちろん、演奏し始めるとブっ飛ぶことも多々ありますが

 とにかくトライ!で、頑張りましょう〜


 

 Let's study   アレンジのTPP

 アレンジは料理と同じー1   アレンジは料理と同じー2

 即興Bを展開してみるー1   即興Bを展開してみるー2

 即興Bを展開してみるー3   即興Bを展開してみるー4

 伴奏を考える−1   伴奏を考える−2

 イントロを考える−1   イントロを考える−2

 即興B課題の実践ー1   即興B課題の実践ー2

 即興A課題の実践ー1   即興A課題の実践ー2

 即興A課題の実践ー3   即興A課題の実践ー4

 即興A課題の実践ー5   即興A課題の実践ー6



 ※赤文字は次のページです

 

 ■エレクトーンweb講座

 STAGEAのエフェクト講座/EFFECT in STAGEA

 ■エレクトーンweb講座の引用について

 web講座の引用については、こちらをご覧下さい

*このサイト内で使用される STAGEA・ELECTONE・エレクトーン は、ヤマハ株式会社の商標登録です*